top of page

トゥンチョー/Htun Kyaw

映画監督。1980年生まれ。サフラン革命直後の2008年からジャーナリストとしての活動を開始する。2009年に電子法違反の罪に問われ逮捕される。その後2012年には恩赦で釈放。2017年にはヤンゴンでオウンドメディアであるHuman Color を立ち上げる。Human Colorでは少数民族の声を取り上げることを目的に掲げ、民族問題や様々な社会問題に焦点を当てたドキュメンタリーを制作。レイケイコーでの戦闘をきっかけに難民キャンプに逃れ、その間の様子を撮影した「レイケイコー日記」を制作。現在はメーソットに滞在中。

Htun_kyaw.jpg

Athan(アッタン)を購入して

cheerup-htunkyaw.jpg

トゥンチョーさんを支援します。

全額がトゥンチョーさんに送金され、潜伏中の諸経費に充てられるほか、

次の作品の制作費として活用されます

決済には「Square」のシステムを使用しています。

SNSでシェアして応援する

#ドキュアッタン #DocuAthan

『レイケイコー日記』ミャンマー軍から逃れる人々の〈いま〉を映す 〈English CC〉
14:33

『レイケイコー日記』ミャンマー軍から逃れる人々の〈いま〉を映す 〈English CC〉

カレン州にあるレイケイコー村での日々、あるいはレイケイコーからも逃れざる得なくなってしまったさまざまな人々の様子を、監督自身の目線で捉えた短編ドキュメンタリー。2021年2月に起きたクーデター以降、無垢な市民たちは、軍による攻撃と暴力を恐れ、ヤンゴンをはじめ様々な地域から、「安全」とされている解放区カレン州、そしてレイケイコー村に逃れていく。しかし、そのレイケイコー村も国軍により侵略・空爆され、人々はさらに土地を追われていく。銃声を耳にし、川を越えて逃げること、難民テントで生きること。「逃れる人々」は今、どのような想いでその状況を語るのか。 ----------------------------------------------------------- 【Docu Athan】 (ドキュ・アッタン)は、ミャンマーのクリエイターを支援するプロジェクトです。 https://www.docuathan.com/ アッタンはミャンマー語で(声・意見)などの意味があります。私たち視聴者が「アッタン」を寄付することで、クリエイターは新たな作品作りの資金とすることができます。 『レイケイコー日記』はトゥンチョーさんの作品です。 以下のリンクから、直接トゥンチョーさんの制作を支援することができます。 https://athanstore.square.site/product/-support-htun-kyaw-/10?cp=true&sa=true&sbp=false&q=false
bottom of page